シューティングのイロハのイ

弾幕シューティングの欠点は弾が多すぎる事かと思います。

一見して「画面が弾で埋まってる、避けられるわけがない」と思うのも無理はないと思います。

この記事では、初心者向けにシューティングの基本というか、シューティングにはこんな弾がある、こうやって避けるというのを説明しようかと思います。

このゲームLittle Battle Shipも、今から説明する弾がほとんどです。

敵の弾の種類

弾幕シューティングゲームでも、実は敵の弾の種類はそれほど多くありません。おおよそ3種です。順にみてゆきましょう。(名前や呼び方には個人差があります)

その1.自機狙い弾

その1.まずは「自機狙い弾」です。

正確に自機を狙ってくる弾です。

ほっとくと自機に当たるので、絶対に避ける必要がある困ったちゃんです。

自機狙い弾のよけ方

ただ、自機狙い弾を避けるのは実は簡単だったりします。

今いる場所から動けばよいです。

でも、動く方向はちょっと問題です。弾に向かったら弾に当たってしまいますし、弾からまっすぐ下がっても弾に追いかけられて当たってしまいます。弾はどこから撃たれているのでしょうか?特に弾幕シューティングでは弾が多くていちいちどこから撃たれた等とみている余裕はありません。

しかし、それでも実は避けるのは簡単です。

最近のシューティングはおおよそ前方から弾を撃ってきます。

横からはあまり弾を撃ってきません。

横から撃たないのは単なるお約束で、製作者がそのように作ることが多いのです。

横から撃たれると理不尽に感じるからです。

さて、大体前から撃ってくるのであれば、左右のどちらかに避ければよいだけです。

という事で自機狙い弾は左右に避けると覚えておきましょう。非常に重要です。

実は動くのはちょっぴりでよい

ここまでで自機狙い弾は左右に避けると分かりました。

もう一つ気にしておいた方が良いことがあります。

実は、避けるのはほんのちょっとでよいのです。

例えば上の図のように一キャラ分だけ横に動いてみましょう。

弾は正確に前の場所を狙います。ですのでこれでも当たりません。これ以上避ける必要はありません。

自機狙い弾は左右にほんのちょっぴり動けばよい。これもかなり重要ですので覚えておきましょう。(もちろん大きく避けてもよいです)

応用問題:自機狙い弾の連続を避ける

ここまでの自機狙い弾は良いでしょうか?

では応用問題に行きましょう。

弾幕シューティングでは次の弾を使う事が多いです。

自機狙い弾の連射です。

ではこれをどう片付けるか調べてゆきましょう。

まずは自機狙い弾の連射がどんな弾か確認しましょう、こんな弾です。

赤い串団子ですね。

でも、数が増えても全部自機狙い弾です。数はこけおどしです。全部、寸分たがわず自機を狙うので、左右に避ければよいだけです。

では避けてみましょう。

あ゛あ゛あ゛なんだかまずいことになってきました。

自機狙い弾の連射が止まりません。避ける自機まで追いかけて自機狙い弾を撃ってきやがりました。

しかももう画面の端が近いのにまだ弾を撃ってきそうです。左に行くのは弾だらけで危ないです。右にももうすぐ移動できなくなります。緊急事態です。

・・・さて、何が問題だったのでしょう?

なんだか予想外に記事が長くなってしまったのでここで一回記事を切ります。

でわっ。